DVを選択しないための会話術

昨日のカウンセリング。内容は「共感」について。ボクが最も苦手とする分野です。事例が出されて、それについて考えます。

事例

日曜日に家族で遊びにいく約束をしていました。前日になって仕事が入りお昼から遊びに行く事に。妻が怒りました。

「あなたはいつも仕事、仕事。家の事は何もしない!もっと家族の事も考えて!」

さぁ、あなたはどう答えますか?

共感力を使った受け答え

パートナーは怒っています。怒っているという感情に注目します。自分の理由は後まわしでパートナーの「気持ち」が最優先です。

ライカー副長
ライカー副長

ボクは家族の事を考えていないのか。すまなかった。

いっつも仕事仕事って家族をほったらかしじゃない!

ライカー副長
ライカー副長

仕事を最優先にしすぎているんだね。仕事だけじゃダメなんだね。

当たり前じゃない。あなたには子どももいるのよ。子どもの気持ち考えた事ある?

ライカー副長
ライカー副長

子どもたちどう思っているんだろう?仕事で余裕がなかったのかもしれないな。子どもたちともっと向き合ってみるよ。

家の事も手伝ってくれないし、あなたはいつも家にいないし。私はあなたの家政婦じゃない!

ライカー副長
ライカー副長

家政婦か。そうか家政婦みたいにしていたのか。そんな気持ちにさせてしまって悪かった。これから仕事への向き合い方も見直してみるよ。

この先の会話がどうなるかは想像にお任せしますが、ここで大切なポイントを上げておくと

  • 自分の事情をパートナーに押し付けない。
  • 仕事を理由に自分を正当化しない。
  • パートナが怒っているという感情に注目する。
  • 感情を吐き出させるためパートナーに話させる。
  • パートナーの言葉のキーワードを繰り返す。
  • キーワードから会話を広げてゆく。
  • パートナーの云いたい事を理解する。

DVに繋がる会話の特徴

この会話のキャッチボールのなかでこれらを押さえて会話します。DV夫に対して女性が抱く事は、「会話にならない」と思っているそうです。

夫への不満を云うと、夫は自分を正当化したり、他に話題をそらしたり、仕事だから仕方がないだろうと一方的に会話を終わらせたりと、パートナーの感情に向き合わないそうです。

これらの行動すべてが思考停止状態で、大切なパートナーとの関係性を損なう原因になっています。

大切なパートナーとの関係性を育ててゆく事がDVに繋がらない選択になります。

おわり

最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

当HPはフィット株式会社が手掛ける、Wordpressテーマ「THE THOR」で作成しています。

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG