六甲山☆初心者の登山ルートを紹介(所要時間・駐車場・おすすめスポット)

六甲山☆初心者の登山ルートを紹介(所要時間・駐車場・おすすめスポット)

 

 

ライカー
ライカー

六甲山の登山をしてきました。ある程度わかったので、六甲山への登山を検討されている方に向けて情報共有をしたいと思います。

 

 

 

 

 

今回の登山ルートは

芦屋川駅→高座の滝→風吹岩→六甲山頂→有馬温泉→芦屋川駅までのルートです。

 

 

 

 

この記事には以下の事が書かれています。

①駐車場の相場がわかります。
②登山にかかる所要時間がわかります。
③おすすめの装備がわかります。
④登山ルートが把握できます。
⑤おすすめスポットを紹介してます。

 

 

 

 

車で芦屋川駅まで行きました。

 

 

駐車場の相場は

①1.100円/日・・・平均
②900円/日・・・・最安値

 

 

 

駅周辺は1.800円とか、一日の上限なしとかあるので、駅周辺の住宅街を探したほうがいいです。最安値の900円/日はすぐに見つかると思います。

 

 

注意点は、一日の上限なしに停めると、いくら駐車料金をとられるか不安で登山に集中できませんので、必ず最大料金があるところを探したほうがいいと思います。

 

芦屋川駅周辺駐車場

 

 

 

 

 

 

阪急芦屋川駅の場所ですが、Googleマップを張り付けておきます。

 

 

 

 

 

 

 

阪急芦屋川駅から登山スタートです。市街地から高級住宅街へ向けて川沿いに歩いて高座の滝を目指します。

 

 

阪急芦屋川駅周辺から登山客がちらほら見かけるので、不安な方は後をついていけば迷いません。なんにしろ芦屋川に沿って山へ向かって下さい。それでも不安って方のために以下に地図を張り付けておきます。

 

 

阪急芦屋川駅~高座の滝までのルート

 

このオレンジの線を引いたところまでは、アスファルト舗装路を歩きます。

 

 

高座の滝をに着くとロックガーデンというお店やカフェなどがあり、そこから六甲山への本格的な登山道になってきます。

 

 

 

岩場を登る事になります。ほんとにビックリしました。時々、急な岩場を登ることになります。その時は鎖がしっかり整備されています。慌てず一歩一歩を確認しながら岩場を登ります。

 

 

プチロッククライミングでもしてるのかという感じで面白いです。子どもさんでも登れる岩場ですから。

 

 

 

六甲山の登山風景

 

 

 

急な岩場には鎖を持って登る事ができる

 

 

 

ここで必要に感じた装備がグローブです。他の登山客を見ているとちゃんとトレッキンググローブを装備していました。

 

 

こういうやつです。お値段はお手頃なので登山のためのグローブ・トレッキンググローブは持っておいたほうがよさそうです。最近はスマホを操作できるのもあります。

 

 

 

そして加えて登山靴。トレッキングシューズです。

 

 

 

トレッキングシューズが必要な理由は

①高座の滝~風吹岩まで岩場を登る(3km)
②風吹岩~六甲山頂まで4kmあります。
③六甲山頂~有馬温泉まで4kmの登山道。

 

 

つまり12キロの登山道を登ったり下ったりの連続なんです。普通の登山道でも大小の岩がごろごろあるので、不意に踏んだら痛いのです。運動靴では装備不足だと感じました。

 

 

 

なので、トレッキングシューズをお勧めします。あまり安いものを買うと靴底の凹凸がないので、出来れば1万円以上のものをお勧めします。

 

 

 

汗だくになりながら岩場を登り終えると、普通の登山道になってきます。ここで珍客と出くわしました。

 

 

人間慣れしたイノシシですが、お弁当や食べ物を見ると襲って来る事もあるそうです。なので出くわしても無視しましょう。普通に歩いているぶんには危険はなかったです。

 

 

 

そして風吹岩。ここでお弁当を食べて休憩している人が多かったです。場所はそんなに広くなく、景色もいまいちなので、出来れば山頂まで我慢したいところです。

 

 

風吹岩

 

風吹岩に登って景色を見る登山客

 

 

 

 

登山客の特徴は

①幼稚園の子ども連れの家族がいました。
②シルバーの登山客がいました。
③山ガールのグループがいました。

 

 

この①を見て初心者向けの六甲山だという事がわかります。

 

 

 

ライカー
ライカー

六甲山頂にはロープウェイがあるので登るだけ登って、下りはロープウェイで神戸まで行こうという感じでしょうか。

 

 

 

風吹岩周辺の様子はこちら

 

 

 

さて、ここから六甲山の山頂を目指して更に進むわけですが、ここから登ったり下ったりの連続です。

 

 

4キロの道のりですが「せっかく登ったのに下るの!?」って心が折れそうになる事が多々ありました。

 

 

山頂までの道のりは単調な登山道ではない

①ちょっと岩場を下りる事がある。
②ゴルフ場の間を抜けるルートになる。
③大きなダムから流れ落ちる滝がある。
④川を渡る事があり気持ちいい。

 

 

 

など、楽しませてくれる4キロです。「山頂はまだか?まだか?」と登り下りするのは苦しいですが、登山のその一瞬一瞬を楽しめれば、とても面白い山になるのが六甲山です。

 

 

 

これがゴルフ場のコースとコースの間を抜ける登山道の様子です。ボールを打ち込むカチーンという音が響きます。登山を一旦中断してゴルフしたい衝動が湧き上がってくるんですよ。

 

 

 

 

そしてやっと山頂です。山頂付近には山小屋があり食堂になっていました。ここまでかかった時間はおよそ3時間だったと思います。休憩を取らずにマイペースに登った時間なので、間に休憩を入れたりすると3時間30~4時間はかかると思います。これだけでもおなか一杯になるぐらいの登山所要時間です。

 

 

山頂までの所要時間は3時間~4時間

 

 

 

ライカー副長 六甲山山頂にて

 

 

 

さてさて、ここから休む暇なく有馬温泉を目指します。ここまでが3時間費やしているんですから、一気に有馬温泉までいかないと時間がなくなってしまいます。

 

 

 

有馬温泉までの道のり4kmほどなんですが、時間は2時間ぐらいかかります。ただ今までの登り下りする山道ではなく、比較的平坦な道のりで膝に負担なく下りる事が出来ます。

 

 

 

登山の登りは負担がなくても、下りって思ったよりも膝に負担がくるものなのですが、鳥のさえずりを聞きながら、草木の香りを楽しみながら、踏みしめる土の感触を感じならがら下る事が出来る登山道でした。

 

 

 

ライカー
ライカー

まぁ、ボクは帰れるのか不安でそれどころじゃぁありませんでしたが・・・

 

 

・山頂から有馬温泉までの所要時間は2時間
・膝に負担なく楽しんで下山できる

 

 

 

おすすめスポット

 

有馬温泉街まで下りてきたら、まず向かいたいのが温泉です。登山の疲れと汗を流したいので、僕は金の湯にいってきました。

http://arimaspa-kingin.jp/cont01/cont01-flm.htm

 

 

 

 

疲れを癒してさっぱりしたら、ビールを飲みたいですよね。山頂では岩場を越えて3時間の道のり。後どんな険しい登山道が待ち構えているのかわからなかったので、ビールは控えていたのですが、ホッとしてくいっといきたくなりました。

 

 

 

以前、家族旅行で来て探し当てたミシュラン「蕎麦屋 土山人」に行き海老天盛りと蕎麦とビールを注文。めちゃくちゃ旨かったですよ。ここはお勧めのお店。有馬温泉に来たら是非とも足を運んでみてください。

https://dosanjin-hanare.gorp.jp/

 

 

 

帰りの電車賃と所要時間

 

そして帰宅につこうと有馬温泉駅へ。有馬温泉から有馬口で乗り換え。新開地まで行き阪急神戸線に乗り換えて芦屋川駅で下車。およそ1時間の電車旅です。

 

 

参考までに乗り換え案内を貼り付けておきます。
有馬温泉駅から芦屋川までの路線情報

 

 

 

 

 

六甲山登山にかかった費用は

① 900円 芦屋川駅周辺の駐車場。
② 500円 山頂でうどんを食す。
③ 650円 有馬温泉 金の湯の入浴料。
④2.450円 海老天せいろ・ビール 土山人にて
⑤ 930円 電車賃

 

 

 

しめて登山費用の合計は、5.430円でございました。

 

 

 

Youtube動画(六甲山)

記事の内容にそった動画です。参考までにどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

当HPはフィット株式会社が手掛ける、Wordpressテーマ「THE THOR」で作成しています。

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG