5月7日「コナモンの日」

5月7日 今日は何の日?

コナモンの日

日本コナモン協会がこ(5)な(7)もんの日として制定。

 

粉ものの起源

安土桃山時代の千利休が好んで食べた麩の焼きという和菓子。小麦粉を水で溶いて薄く焼く。

 

お好み焼きになるまで

(関東)

明治時代に東京でもんじゃ焼きが定着。

昭和になりどんどん焼きとなり屋台などで販売。

 

(関西)

大正時代。一銭洋食(一銭焼き)が生まれる。
小麦粉を水で溶いてウスターソースとネギと小さな肉で料理。一銭で買えた。

一銭焼きを源流として大阪府岸和田市のかしみん焼きがが誕生。小麦粉を水で溶いて鶏肉と牛脂をのせて焼く料理。

 

お好み焼きの誕生

昭和初期。

東京の遊郭でお好み焼きとなる。

座敷で自分好みに調理できる料理として、鉄板で焼く「お好み焼き」は遊戯料理として誕生した。

 

戦後

近畿地方で「お好み焼き」が広まる。この時はネギではなくキャベツを生地に混ぜた調理法。

 

戦後にお好み焼きにキャベツが入った理由
幕末から明治にかけて外国人が日本で栽培。日本人はほとんど食べなかった。当時は「かんらん」と呼ばれており、品種改良を経て寒冷地でも栽培ができるようになる。戦争前は全く普及しなかったが、戦後の食料の増産と食の洋風化で大量生産されるようになった。

余談ですが

(広島)

広島では一銭洋食が独自の発展を遂げて、広島焼になった。小麦粉と具を混ぜずに焼くお好み焼きが定着した。

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!

今日は何の日の最新記事8件

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

当HPはフィット株式会社が手掛ける、Wordpressテーマ「THE THOR」で作成しています。

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG