9月5日「石炭の日」

平成4年に制定する。

石炭に関する技術開発と事業化支援や人材育成ををする石炭エネルギーセンターが制定した。

目次

どこでもとれる石炭

石炭は黒いダイヤモンドと言われている。植物が湖や沼に積み重なり地中の中で圧力がかかり石炭になる。

石油は60%以上が中東に集中している。石炭は地域の隔たりがない。どの国でも入手しやすいエネルギーです。

石炭火力発電

石炭を燃やして水を蒸発させてタービンを回して電気をつくる。

電気がない地域で生活する人々が13億人いると言われていて、発展途上の国のエネルギー源になっている。世界全体の発電量のうち4割が石炭。インドや中国は7割が石炭で電力をつくる。

日本は様々なエネルギーを利用する

1973年に起きたオイルショックから単一のエネルギーに依存しないのが日本。石炭は26%。

2015年

  • 原子力 1%
  • 石炭 31%
  • 水力 9%
  • 天然ガス 44%
  • 石油 9%
  • その他

環境にやさしく石炭を使う

クリーン・コール・テクノロジー(CCT)の取り組みをしています。

石炭を燃やすと硫黄が発生します。これが酸性雨やぜんそくの原因になります。この排出量を極めて微量にする技術を持っています。

再生可能エネルギーと石炭

有害な物質が一切でないエネルギー。課題が多い。

  • コスト
  • 系統制約
  • 規制や立地環境

特に系統制約に課題が多い。需要と供給の発電バランスをとらないと電気が滞留して機械に悪影響。供給量の日々変化する。これを火力発電で補完しながら一定量に調節している。

電気が余る場合は火力発電を減らす。再生エネルギーが増えれば増えるほど、火力発電のコントロール力が重要になる。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

福祉事業の経営者をしてます。①小規模多機能のケアマネ②現場の介助③厨房で料理作り④体操教室など地域ボランティアをしています。

目次