ファンドラップを考える

ファンドラップとは

ファンドラップ

  • 取り扱い商品は証券会社が運用する投資信託を数種類
  • 投資信託投資額は300万円から

メリット

  • 投資先の選定やポートフォリオの見直しをプロに任せる。
  • 分散投資出来ている投資信託を組み合わせる事で手堅い商品。

ポートフォリオとは、ざっくり説明すると日本株か海外株か?国債か社債か?土地か?そういった投資先の比率のことを言います。

デメリット

  • ファンドラップの手数料が高い(2%がかかる)
  • 各投資信託の信託報酬もかかる。
  • 投資先が限定されている。
  • 投資先がグループ会社のもの(必ずしも成績優秀なものではない)

ファンドラップのまとめ

投資信託を買って、分散投資している。

ファンドラップのミニ知識

  • 2014年ぐらいから増え始めている。
  • 金融庁が警告している。手数料が見えずらい。
  • ファンドラップ(手数料)+信託報酬(手数料)がかかっている。
  • 合計、だいたい2%の手数料となっている。(割高)
  • 10年以上の長期運用で手数料は痛いポイント。
  • 誰でも買える投資信託で組んでいて選べない。
  • 運用お任せなので初心者向け。
  • 大損はしないだろうが、大儲けもしない。
  • 投資初心者が投資を知る機会になる。
  • 投資信託の選択肢が少ない。

最新情報をチェックしよう!

未分類の最新記事8件

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

当HPはフィット株式会社が手掛ける、Wordpressテーマ「THE THOR」で作成しています。

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG